フォローしよう!

  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Google+のソーシャルアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

最新記事

12/29/2016

Please reload

会社概要

運営責任者

笹木 梁

事業内容

  • レーザー製品の開発

  • レーザー製品の製造

  • レーザー製品の販売

創業

2009年7月

所在地

中国上海市金山区亭林鎮7046号

URL

http://www.maxlaser.info/
shop :http://maxlaser.jp//

メール

info@maxlaser.info

6/13/2019

このタイトルは釣りではありません。

今現在、強力レーザーポインターを作ってる国はほぼ中国だけです。

他の先進国は5mW以上のレーザーポインターの製造、販売及び使用を制限しており

グーグル及びヤフーなどでは数年前から広告が出せなくなりました。

PayPalなどのクレジットカードも支払いに制限をかけてます。

理由は危険で武器にもなりえるが理由の様です。

しかし、正しく使えばとても便利な道具で実験や研究などにも使えます。

さて、タイトルの買えなくなるという理由ですが

実は数年前から中国でも規制があり、公に販売及び広告が出来ません。

現在は厳しく取り締まって...

現在レーザーポインターショップは10軒もない状態です。

強力レーザーポインターに関しては国内になく、ほぼ中国に拠点を

おいてるショップしかありません。

しかもその中に出力水増しやガラクタ紛いの物を売ってる所が数多くあり。

消費者の目利きが重要になります。

まず、何の目的でレーザーポインターを買うのかで決まります。

仕事プレゼン用ですと高出力はいりません。眩しいだけです。

当店でお勧めなのが狭い会議室なら(印象的なスカイブルー色)

BlueLaser-BS1B

BlueLaser-BS5B

広い会議室もしくは講堂、体育館などでは(エメラルドグリーンと青緑...

5/12/2019

レーザーポインターの価格は出力や色、あとはボディ素材等によって

決まります。

従い、高出力になればなるほど値段も高くなり、レーザーポインター

作成するにはコストが高くなります。

(レーザーポインターの核心部分である半導体ダイオードが出力に応じて

値段が高いため)

そして半導体ダイオード(高技術)を生産してる会社は日本の日亜化学工業や

ソニー・三菱・ドイツのオスラム社などハイテック会社です

それらの半導体ダイオード等を使い、組み立て生産してるのが現状

中国の会社になります。(日本では法律によって高出力は違法)

しかし、一部のレーザーポインターショップは低...

水の浸入・埃の内部浸入を防ぐ設計 ゴムパッキンを設置しており、生活防水・ホコリに強い作りとなっております。

レーザーポインターの色の違い

6/16/2017

レーザーポインターの危険性。
ご使用の際はマナーを守り、安全にご使用ください。

レーザー製品に対する正しい使用のために、ここでは安全性と危険性について解説しています。この解説は、日本におけるJIS C 6802の平成17年改訂のレーザークラス分けに基づいたものです。

レーザーの危険性

レーザー光を直接目に照射することは、例え出力1mwのレーザーだとしてもお止めください。しかしながら、一般的かつ常識をわきまえた上での使用範囲において、クラス3Rまでのレーザーについては特段の危険はないと言えるレベルです。クラス3B以上については、使用環境に気...

20世紀10台発明品の一つとして数えられる「レーザー」そのレーザーの最大の特徴を生かした製品

それが「レーザーポインター」です。

レーザーとは

レーザー(laser)とは、光(電磁波)を増幅し、コヒーレントな光を発生させる装置(レーザー装置)またはその光(レーザー光)。レーザー光は指向性や収束性に優れており、また、発生する電磁波の波長を一定に保つことができます。レーザーの名は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語から名付けられま...

「個人輸入」とは?


「個人輸入」 なんだか途端に「難しそう・・・」「大変そう・・・」「ちょっと胡散臭い・・・」(笑) という印象を受けるかたも多いかと思います。

税関のWebサイトでは、個人輸入について
「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」であると説明されています。

1.当社HPより商品の購入、支払完了
2.弊社より、発送の準備
3.弊社より、発送
4.国際宅配便業者にて、代行申告(税金が発生した場合納税)
5.税関にて輸入許可
6.日本国内提携宅配業者...

1.当社HPより商品の購入、支払完了

2.弊社より、発送の準備

3.弊社より、発送

4.国際宅配便業者にて、代行申告(税金が発生した場合納税)

5.税関にて輸入許可6.日本国内提携宅配業者にてお客様の元へ宅配7.着払い請求がある場合 (4番にて検査があった場合のみ)。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now